菩薩さま

e0017051_237482.jpg


e0017051_2371771.jpg


今日は、試験で京都におでかけ。
午前中に終了だったので、そのあと気になっていた
二十五菩薩お練り供養を見に行った。
泉湧寺であったとばかり思い込んでいたけれど
実際には、そのちょっと手前の即成院だった。
到着したら、ちょうどお稚児さんが歩いていたところで、
そのあとに二十五菩薩さまが順に本堂へ行かれていた。
[PR]
by y_inagaki2 | 2005-10-16 15:00 | おでかけ | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://ohisama3.exblog.jp/tb/1471312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 京都あちらこちら at 2005-10-17 22:05
タイトル : 二十五菩薩お練供養つづき
先頭は阿弥陀如来の化身である大地蔵菩薩様。 説明はあったのですが、最初の2,3人しかわかりませんでした。 現世から浄土へ帰られる地蔵菩薩様。 地蔵菩薩様を見上げる。 観世音菩薩様は舞いながら歩かれていました。 楽器を持っている菩薩様、もう名前がわからない。 境内に人は多かったですが、押し合うほどこんでいるわけでもなく。余裕を持ってみることが出来ました。 関連記事:二十五菩薩お練供養 泉涌寺の記事:京都泉涌寺七福神巡り 泉涌寺(12/3) 泉涌寺塔頭 来迎...... more
Tracked from 京都あちらこちら at 2005-10-17 22:06
タイトル : 二十五菩薩お練供養
16日の午後、泉涌寺の塔頭即成院(そくじょういん)に二十五菩薩お練供養を見に行きました。 即成院といえば那須与一の墓が有名ですが、今年は大河ドラマの影響もあって注目されているようです。 二十五菩薩お練供養法要とは、仏教の来迎思想(臨終に際して阿弥陀仏が二十五菩薩とともにお迎えに来て極楽浄土に導いてくれる)を、実際に仮装してあらわした行事です。本堂を極楽浄土、境内の地蔵堂を現世に見立てて、その間に、高さ2m、長さ50mの橋が掛けられ、その橋の上を二十五菩薩様が来迎和讃に合わせてゆっくりと往復され...... more
Commented by piita3 at 2005-10-17 22:08
私も行ってましたので、TBさせていただきました。
菩薩様のお面はなかなか面白くて、独特の雰囲気がありますね。
お稚児さんもかわいかったです。
Commented by y_inagaki2 at 2005-10-17 22:14
piita3さん
そうだったんですか!
梨木神社のときといい、どこかですれ違っているかもしれませんね。
初めて行ったのですが、菩薩さまの歩く独特の雰囲気(踊るような)
が味わえたのがよかったです。
コチラからもTBさせてもらいますね。
<< ゆうやけ あさ     05/10/14 >>