背割堤 散りゆく花びらとともに

e0017051_22453055.jpg
待ちきれないような気分で
踏み入れたみちは
散りはじめたはなびらの絨毯


e0017051_22453998.jpg
進んでいくと


e0017051_22454727.jpg
咲き誇る
花たちに


e0017051_22455875.jpg
いつものことながら


e0017051_2246798.jpg
圧倒される


e0017051_22461754.jpg
そういった


e0017051_224626100.jpg
気持ちをあじわう
そんな場所



15/04/04 背割堤

<~これまでの背割堤をふりかえる~>
2004年
3/23 対岸の道路からみると咲き始め。
4/3 もう、満開
12/5 冬の夕方はこんな感じ。

2005年
4/3 曇り空の下で咲き始め。
4/8 満開が近いか?
5/21 青々と葉っぱが生い茂る。
8/27 真っ盛り。

2006年
3/25 まずは、様子見つぼみ
4/1 気になってもう一度、ちらほら
4/8 黄砂に包まれて満開花開く

2007年
3/11 ちょっと寒い、まだ先かな。
3/24 咲き始めいよいよ
3/31 徐々に開いたか・・・
4/9 いよいよ満開

2008年
3/30 まだ早いか・・・色づきもちょっとだけ
4/5 満開のトンネルいっぱいの花たち

2009年
3/20 ぼちぼち咲き始めか・・・
4/5 花開くも 曇り空の中
4/11 朝一番真っ青の空の下

2010年
3/27 咲きはじめたこれからだ。
4/4 青空の下圧倒される

2011年
3/27 ほぼ1年ぶり、まだまだ・・・
4/3 徐々に色づきが
4/10 朝満開!
9/11 みどりのトンネル

2012年
4/7 ところどころ咲き始める
4/15 朝日を浴びて開く花びら

2013年
3/31 朝開く花たちを見る

2014年
4/5 満開の

2015年
3/22 様子を見ると
3/29 ふたたび確認してみる
[PR]
by y_inagaki2 | 2015-04-10 22:49 | おでかけ | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://ohisama3.exblog.jp/tb/22946905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2015-05-06 20:08
タイトル : 背割堤で風に吹かれて
風に吹かれるようにして、どこまでも歩いてゆこう。今年もGWに写真展を開催中です。よかったら、遊びにいらしてください。↑↑↑バナーをクリックすると写真展の公式ブログに飛びます。☆雲母舟の在廊日程☆5/3(日) 11時~19時5/4(月) 11時~19時5/5(火) 11時~16時木津川と宇治川を分ける背割堤(せわりてい)に、薄紅色の帯が伸びていた。1.4キロの桜のトンネルをのんびり、ゆっくり、くぐり抜ける。その先に待っているのは、明るい希望のような気がしてきた。満開の桜の下を歩く人々も、いずれ全員が散る...... more
Commented by kirafune at 2015-05-06 20:07
こんばんは!
同じ日の朝早くですね~。
人がいないのが驚きです。
私が行ったときは並木道に人がたくさんいたので
こんなに見事な桜色の絨毯が敷き詰められていたとは
気が付きませんでした。
時間帯が違うと別のところみたいですね^^
見せてくださり、ありがとうございました。
Commented by y_inagaki2 at 2015-05-06 22:38
kirafuneさん
こんばんは。
同じ日の同じ場所で、あれだけ違った姿だったとは・・・。
青空の下の桜を今年はあきらめかけていたんですが
見せtいただきありがとうございます♪
<< 地蔵禅院 京都御苑 >>