醍醐寺へ行ってみる

e0017051_22364071.jpg
2月23日
今日は、五大力尊仁王会。
醍醐寺はまだ行ったことがないので足を伸ばしてみる。
色鮮やかな幟。


e0017051_22365886.jpg
人の流れに乗りお堂の前に到着。
「おかげ餅」 でかっ!
どうやったら、これだけ大きくてきれいにお餅ができるのかなぁ・・・。


e0017051_22371229.jpg
で、このお餅。
奉納者はこの人。


e0017051_22421454.jpg
餅上げのまえに太鼓の奉納。
太鼓の音って、
なんであんなにお腹の底から響くような音色なんだろう。


e0017051_22442955.jpg
いよいよ餅上げがはじまります。






e0017051_2319100.jpg
説明が終わったとおもえば、一番最初の挑戦者。
このときは取材かなんか知りませんが、舞台を「ますこみ様」が取り囲み。
(この挑戦者だけとのアナウンスをしていましたが)

観に来ていたお客さんからもかなりの野次が飛んでいました。
そりゃそうだ。

カメラを持ち、見に行った自分がいうのもなんですが
○○TVとか○○新聞とか
腕章をつけていると我が物顔で人並みをかき分けていく。
そんな表情って美しくない。
自分自身への戒めも含めてよく覚えておこう。

だけれども、このスタートで気がそがれたこともあり
後を見ることなくすぐに帰った。
伝統行事としてみる楽しみがある催しなので
ナマで見てみたいと思う一方、もう二度と行きたくないとも
思えてしまったのが残念だ・・・。
[PR]
by y_inagaki2 | 2006-02-23 23:13 | おでかけ | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : http://ohisama3.exblog.jp/tb/2833485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 仮想膳屋 『京都・月海小路』 at 2006-02-24 00:23
タイトル : MIDNIGHT EXP.
こんばんわ。 今日は、醍醐寺の『五大力さん』を取材するツモリでしたが、 事情により行けませんでした。 まぁ、みなさんにも来年のお楽しみと言うことで。 その代わり(?)、スターバックスでカプチーノ飲みながら本を読んでました。 ソファに座ってケータイで音楽聴きながら、マグカップ片手にひたすら本を読む。 コレって、maruのよくある休日の過ごし方なんです。 今日持っていった本は、コチラ。 沢木耕太郎著:『深夜特急』(新潮文庫)です。 思えば、コノ本とmaruの付き合...... more
Tracked from St.KYOTO at 2006-02-24 16:05
タイトル : 【KYOTO★STYLE】『醍醐寺で力餅比べをチョットだ..
巨大紅白鏡餅で力餅比べをチョットだけ 段々と暖かくなる京都。 その東部に位置する山科・醍醐の地に御座います「醍醐寺」では、 二月二十三日に『五大力尊仁王会』が盛大に執り行われました。 この行事は、「上醍醐」の地に建立されている『五大堂』に祀られている ...... more
Commented by tsukimikouji at 2006-02-24 00:23
こんばんわ、京都のmaru_kyoです。

maruも今日コレを見に行くつもりだったんですけど、
用事ができてアカンかったんですが...

なんとも無惨な光景ですね。(-_-;)
Commented by piita3 at 2006-02-24 17:18
今年も行きたかったんですが、用事があって行けませんでした。
去年見に行ったことを思い出します、私も最初のテレビ撮影はちょっと驚きました。
y_inagaki2さんはかなり近くの良い位置で見られたみたいですね。
Commented by y_inagaki2 at 2006-02-24 21:36
maruさん
期待していただけに・・・、うーんでした。
でも、あのでっかい餅、迫力ありましたねぇ。
来年やっぱりいってみようかな?迷いますね。
Commented by y_inagaki2 at 2006-02-24 21:41
piita3さん
結構近くでウロウロしながら見ていたんですが・・・、
ぎょっとした場面でした。
我慢して見ていたらよかったんですが、ちょっとできませんでした。
盛り上がる空気を味わいたかったんですが、来年どうしよう?ってところです。
<< こころおぼえ 表情いろいろ >>