勧修寺から

GWも中盤にさしかかり、「さてどこに行こうか?」と考えつつおでかけします。

今日は勧修寺。
ちょうど、非公開文化財特別拝観として行われている一つのお寺。
いつもは閉じられている書院に入ることができ、
その部屋の障壁画、「近江八景」などを見ることができるってことで決定♪

実際の文化財はもちろん撮影禁止なんでココにアップできませんが・・・。
庭園の様子は梅の時期以来なんで、じっくりと歩きます。

e0017051_1740136.jpg
昨日同様に快晴。
見上げると、幾分大きくなってきたお月さまが・・・。


e0017051_17402589.jpg

藤。
満開と花だよりで見たような気がしたんですが、
散りはじめって感じだったかな。

背景に見える氷室池の杜若もまだまだ・・・。


e0017051_17403886.jpg
勢いよく茂る葉っぱの間からの零れ落ちた光を浴び
ちっちゃな木も大きくなろうって!


e0017051_17405758.jpg
青空の背景だとか
くっきりと映る影だとか

どっちも見てて気持ちがいい。




個人的にはこの特別拝観は結構好きで、去年くらいから毎回2~3ヶ所まわっています。
普段公開されていない文化財を見せていただくということはもちろんですが
現地では、大学生と思しき方たちが、(おそらく)着慣れていないスーツに身を固めつつ、
時折拝観者に対して、文化財の説明であったり、社寺の由来などを話してくれます。
結構長い内容を5分程度の時間になりましょうか、説明をしてくれるんですが、
これが全く何も原稿などを持たずに話をされます。
事前にアタマに叩き込んでいるんでしょうが、その努力というか話しっぷりに
尊敬の念を抱き、ついつい背筋を伸ばして聞き入ってしまいます。
こんなこともスキな理由の一つなんだろうって、勝手に思っています・・・。

                                              人気blogランキング
[PR]
by y_inagaki2 | 2006-05-04 18:01 | おでかけ | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://ohisama3.exblog.jp/tb/3361325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 京都あちらこちら at 2006-05-04 20:27
タイトル : 勧修寺特別拝観
「非公開文化財特別拝観」がはじまった勧修寺へ行ってきました。 京都新聞によると12年ぶりの公開であるとか。 今回公開された書院(重文)は後西天皇の旧殿を移したものと伝えられており、内部に土佐光起・光成による「近江八景図」と「龍田川紅葉図」があります。ポスターの写真になっている「近江八景図」は非常に豪華なもので、至近距離でじっくりと見せていただきました。大和絵としては日本一大きいそうで、当時はじまった参勤交代の大名行列の様子も描かれており貴重な資料だということです。何度も来て見慣れた庭園も書院の中か...... more
Commented by piita3 at 2006-05-04 20:33
紫の藤ももう散かけですか、早いですね。
暑いせいだと思いますが、そのわりには杜若は遅いですね。
やっぱり、咲くのは10日過ぎになるのでしょうか。
今年は花の咲く時期がずれているので行くタイミングが難しいです。
Commented by y_inagaki2 at 2006-05-06 08:51
piita3さん
白い藤もあったのですが、そちらはまだ盛りって感じでしたでしょうか・・・。
何回かココには行っていますが、次は杜若の咲き始めが楽しみですね。
さて、次はいつだろうって。
<< 石清水灯燎華 準備から点燈へ のんびり大原 >>