見つめる先

e0017051_22242166.jpg
秋のさわやかな風に誘われて


e0017051_22244096.jpg
いよいよ
この地に腰を下ろす


e0017051_2224531.jpg
迷いがあり
悟りもある

よく思うこと
悟りの境地に達したいと

だけど
迷うことが人なんだろうって




06/10/08 源光庵
[PR]
by y_inagaki2 | 2006-10-09 22:28 | おでかけ | Trackback(2) | Comments(6)
トラックバックURL : http://ohisama3.exblog.jp/tb/4297610
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 京・壷螺暮(こらむ)2006 at 2006-10-13 22:35
タイトル : 源光庵 拝観始まる
鷹峯の源光庵の紹介ができることは嬉しい。 平成16年9月下旬からの伽藍修復工事が無事終わり、 10月1日より拝観再開になった。 門前から境内、本堂まで愉しませてくれる。 ... more
Tracked from 京都あちらこちら at 2006-10-13 23:19
タイトル : 源光庵(10/12)
京・壷螺暮さんのブログで2年ぶりの拝観再開を知った鷹峯の源光庵に行ってきました。 門前の紫苑が可憐でした。 正式には鷹峰山寳樹林源光庵と号する曹洞宗のお寺です。山門前のススキが秋らしい。 源光庵といえば「悟りの窓」と「迷いの窓」。 迷いの窓は角型に「人間の生涯」を象徴し、生老病死の四苦八苦を表し。 悟りの窓は円型に「禅と円通」の心を表し、円は大宇宙を表現しているということです。 本堂の天井は伏見桃山城の遺構である血天井。伏見城落城の際に自刃した鳥居元忠らの血で染めら...... more
Commented by moominmama at 2006-10-11 22:13 x
はじめまして♪ランキングから来ました。
素敵なブログですね。
6日に見損なった中秋の名月を見させて頂きました。
お写真が良いですね。
では、ランキング応援ポチして帰ります。
では、よかったら私のブログにも遊びに来てください。(^_-)-☆
Commented by 松風 at 2006-10-13 22:34 x

行かれましたね!
紅葉の窓がこれから楽しみです。
Commented by piita3 at 2006-10-13 23:23
TBありがとうございました。こちらからもさせていただきました。
窓も素晴らしかったのですが、私は血天井ばっかり見ていて首が疲れてしまいました。
Commented by y_inagaki2 at 2006-10-14 18:25
moominmamaさん

はじめまして。おいでいただきありがとうございます。
のんびりとやっていますが、よろしければまたおいでくださいませ。
Commented by y_inagaki2 at 2006-10-14 18:26
松風さん
確かに、紅葉の季節はたのしみです。
光悦寺も一緒にってかんじで、また足を運ぼうって思っています。
TB、こちらからもいただきますね。
Commented by y_inagaki2 at 2006-10-14 18:28
piita3さん
血天井、僕もしばらく眺めていました。
あの模様にいらんな歴史が詰まっているのかと思うと
なんだか不思議な感じがしました。
<< 極楽の地から 観月の夕べ >>